2006年12月18日

アプローの涙:Aマホコース

いやー、何とか生還しましたでやんすですのことよ。

うちの隊は威力偵察を行うというのが役割だったのだけども
ルールというかゲーム進行を把握する前に奇襲を受け。
まあ第一撃はなんとか回避。
それに対する反撃で、必要火力20000のところになんと
4000000もの火力をぶっ放すというよく分からんことを敢行。

そのせいか只の偵察部隊に敵の主力部隊が攻め込んできて
命からがら武器を放棄して逃げ出すという羽目に。
いやもー、マジで虐殺食らうかと言った雰囲気。
まあこちらも主力が来てからはそれなりに互角の戦いをした模様。
逃げているうちに戦局全体に関わる異常事態が発生して全軍撤退となった。

他の部隊との連携などは戦闘詳報を待たないとよくわからないけれど、
とりあえず言えることは一つ。
生きてるって素晴らしいなぁ。
posted by よっきー at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | AlfaSystem
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30025525
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック